江戸時代に名古屋を治めていた、尾張徳川家の殿様たちのお話です.


by fouche1792
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2代 徳川光友 光友の肖像

e0075643_18122991.jpg

歴史読本1998年4月号 『徳川御三家 尾張・紀伊・水戸家、将軍家との闘争史』148頁より転写

画像をクリックしていただくと拡大表示されます。多少見やすくなるかも。。。

1650年父義直死去により26歳で2代藩主となり、1693年69歳で隠居するまで43年間藩主の座にいつづけました。隠居後も藩政をリードし続け、1700年に76歳で死去。在任期間は父義直の47年間に劣るものの、義直の場合は4歳で、しかも甲府城主としのスタートでしたから、名古屋城主として考えると歴代最長。そして寿命も歴代最長です。

NEXT 御連枝
[PR]
by fouche1792 | 2006-07-12 18:15 | 尾張徳川十七代