江戸時代に名古屋を治めていた、尾張徳川家の殿様たちのお話です.


by fouche1792
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2代 徳川光友  正室千代姫

3,8,15の法則

歴史にはしばしば興味深い偶然があります。例えば歴代のソ連(ロシア)の指導者を並べると。。。
e0075643_2273016.jpg

(↑画像はクリックで拡大します)
見事にハゲ→フサ→ハゲ→フサ……と並んでいますね~。

わが国には鎌倉室町江戸の三つの幕府がありました。それぞれの幕府を比較しますと、これまた次のような偶然があります。
e0075643_17141269.jpg

(↑クリックで画像が拡大)
受験生などはこうした偶然に着目して事項を整理し、覚えてゆきます。

この表にあるとおり家光の時代は幕府の確立期で、老中、若年寄などといった幕府組織が固まったのもこの頃です。組織が固まってきますと、将軍個人の資質がどうあれ、家臣がしっかり補佐しておりますから、幕府権力はゆるぎないものとなってきました。
家光個人は優秀ではなかったですが、己の置かれた位置をよく理解していたといえます。
義直いさかいはありましたが、一方で、今や最大の大名となった(すなわち最大の仮想敵国となった)尾張家との縁組もしております。


千代姫

先日申しましたように家光は男色趣味がたたって、長い間子供がいませんでした。長女千代姫が生まれたのが寛永14年(1637年)。家光34歳(以下年齢はすべて数え年)。
将軍家の女子は、他の大名の例に漏れず、政略結婚の手駒であります。二代将軍秀忠の長女千姫豊臣秀頼に、末子和子後水尾天皇に嫁いだように。
そして家光は千代姫を尾張家に、家光の子、五代将軍綱吉鶴姫紀伊家に嫁がしています。

千代姫が尾張家に輿入れしたのは寛永16年(1639年)。わずか3歳の花嫁でありました。夫は義直の長男、光友で、こちらは13歳。とはいえ、尾張名古屋にやってきたわけではありません。大名の妻子は江戸に住まうのが原則でありましたから。
何かと将軍家と軋轢のあった尾張家ですが、これで安泰であろうと、父義直と祖母(つまり義直の母)相応院は胸をなでおろしました。ところがここでも家光がプレッシャーをかけます。家光は相応院に上司を遣わし、次のように申し渡しました。

「尾張殿のたっての望みゆえ、天下にも変えがたい、大切な姫君をさしあげるのだ。相応院にも、大事に守り立てていただきたい」

相応院はこれを聞いて大変悩んだそうです。当時の乳幼児死亡率は今と比べ物にならないくらい高いものでしたから(詳しくは「4代 徳川吉通」の項をご覧下さい)。
相応院が死んだのは寛永19年(1640年)。一説によれば、千代姫養育の心労がたたった為とのこと。あながち否定はできません。

千代姫は無事に成人し、承応元年(1652年)には後に尾張家三代当主となる綱誠(つななり)、明暦2年(1656年)には高須松平家初代となる義行を生んでいます。元禄11年(1698年)死去。63歳。

千代姫が尾張家に輿入れしたときに持参した豪華絢爛たる花嫁道具は現在徳川美術館で見ることができます。

NEXT 江戸初期の名君たち
[PR]
by fouche1792 | 2006-02-28 17:18 | 尾張徳川十七代