江戸時代に名古屋を治めていた、尾張徳川家の殿様たちのお話です.


by fouche1792
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

7代 徳川宗春   挫折そして退陣

東海雑記にアップした記事を加筆訂正したものです>

1731年に家督を継ぎ、32年に吉宗の詰問を鮮やかに切り返した宗春
領民のみならず江戸っ子の人気も勝ち得たのですが、その栄光は長く続きませんでした。

そもそも宗春は政治家としては吉宗には到底かないません。

苦しい藩財政、幕府財政を引き継ぎ、水野忠之松平乗邑(のりさと)といった譜代大名、加納氏倫(うじのり)などの側近、大岡忠相(ただすけ。越前守。いわゆる「大岡越前」)神尾春央(かんお・はるひで。勘定奉行「胡麻と百姓は絞れば絞る程出るもの」というセリフは有名。享保の改革で年貢増徴を推進した )といった官僚など有能な人材をバランスよくどんどん登用し、組織立て、改革を展開していった吉宗。

それに対し宗春は己の政治理念を掲げ、規制を緩和するだけで、理念を具体化すべき手段をこうじることなく、政策を遂行する家臣にも恵まれず、というより育てず、星野織部など一部側近を重用するのみで、いたずらに譜代の老臣層との対立を深めました。

また経済の繁栄をもたらす反面、風紀は乱れました。万人が宗春のように高邁な思想を持っているわけでも、理解できるわけでもありません。ここでも宗春は壁にぶち当たります。

そして藩財政の悪化。
彼の治世は足掛け9年に及びますが、先代の倹約により黒字スタートの財政も、治世の終わりには11万両(およそ120~220億円)の赤字を残しています。

1736年にはそれまでの規制緩和政策を縮小。遊郭を撤去する旨の法令を出します。家臣にも節度を守り、怠惰に流れぬよう戒めました。

緩和から規制へ。宗春は挫折を味わいました。
ところが皮肉なことに、ライバルの吉宗も同じ年、政策を転換しています。
米価操作に苦渋した吉宗。貨幣を改鋳、その質を下げ、それまでのデフレ政策からインフレへと転じるとともに、米価の規制も緩和します。
また米価統制に取り組んでいた町奉行、大岡忠相を寺社奉行に「栄転」。町奉行は旗本の、寺社奉行は譜代大名の就く役職です。大岡忠相はついに大名となったのです(三河国西大平藩一万石)。江戸時代を通じて町奉行から大名になったのは彼ただ一人でした。しかしながらこの寺社奉行というのは譜代大名若手の出世コースの入り口であり、町奉行として活躍した老年の忠相には実のない名誉職で、実質は「左遷」でした。吉宗とすれば十二分な働きをした忠相の労をねぎらう意味合いもあったでしょう。松平乗邑などは罷免されているのですから。それでも仕事人間だった忠相には単なる名誉職など苦痛以外の何物でもなかったようです。ましてや米相場安定のため、商人たちとの対決に決着が就く直前の「栄転」だったのですから。


一方が規制強化したら、もう一方は緩和。吉宗と宗春、とことん反対のことをやっているんですね。



1737年、財政悪化により、宗春は農民、商人に上納金の割り当てを命じ、民衆の人気を失います。
一体、楽を共にするのはよくても、苦は共にできないのが人情。どんな名目であれ、税と聞くと反発するもの。
国民人気とはまことに浮ついたものですね、●泉さん。

これを見た藩重臣は宗春失脚を画策します。
尾張藩付家老(家康側近が御三家家老となった、特別な家柄。大名並みの知行を与えられ、三家の藩政を担当しました)の竹腰正武は幕閣と連絡を取り合い、陰謀を練りました。宗春排除の口実を見つけられた幕府は渡りに船と飛びつきます。

そして1739年。ついに宗春に隠居謹慎の命が下りました。
「身の行跡がよろしくない。国政も乱れ、士民も困惑している」
というのがその理由です。
宗春の規制政策が実を結びつつある矢先でした。

剛毅で鳴らす宗春のこと。隠居謹慎の命を伝えに来た者たちも、いざというときのために取り縄を用意していたほどでした。
ところが宗春はさばさばした様子で、おとなしく幕命に従ったそうです。
どこまでもさわやかな男でした。

後継は従兄弟で支藩藩主であった宗勝。彼と、その子宗睦(むねちか)の時代は、尾張藩苦渋の時代で、財政再建のため倹約令が次々と出されます。

そう、領民は自分たちが失ったものの大きさにやっと気づいたのでした。
宗春赦免を願い、家財没収にあった商人がいます。また人々は宗春の治世を懐かしみ、それを

「遊女濃安都」(ゆめのあと=夢の跡)
という本にまとめました。

夢のごとく宗春とその治世は、光り輝く時代は過ぎてゆき、尾張名古屋は静けさを取り戻しました。


次回は締めくくり。「消えた宗春」です。
[PR]
by fouche1792 | 2005-09-23 11:56 | 尾張徳川十七代